NO・2 暁塾の父

子供たちを見ていると、私の小学生の頃はどんな風だったのか?
少し思い出してみました。
友達と遊ぶことが一番楽しい!
勉強なんかより遊び・・・
ガキ大将の後からついて回っている
ちょっと引っ込みじあんの子だったように思います。

でも3年生のある日、担任の先生に道で偶然出会い、
自分から挨拶をしたことを、
教室のみんなの前で初めて褒めてもらいました。
そのことがきっかけで先生が大好きになっていきました。

勉強はもちろん遊びにも・・・
何事にも積極的になっていったように思います。
と言うのは、その先生は背丈も大きく、
いかつい顔をされていて(子供にはそう見えたのかも)
近寄りがたい恐い存在だったからです。
何か言えば怒られそうに感じていたからです。
先生には感謝しています。

子供たち一人ひとりをしっかり見つめ、少しでも良い方向に
導けるよう努力を惜しまないつもりです。
良い出会いで人生が変わることがあるかもしれませんから。