高校受験、大学受験の学習塾・予備校

勉強の仕方

  • HOME »
  • 勉強の仕方

勉強の仕方

 

私が中学生だった時の勉強法をご紹介します。

ご参考にしていただければと思います。

 

先ず、定期テストの2週間前からテスト勉強を始めていました。

方法は学校や塾で配られたプリントや塾で解いた問題を一通り解き直します。(もちろんテスト範囲になりそうなところです。この時期はまだ最終的な範囲がわかっていないので)

この時、何度解いても正解するような簡単な問題は1回のみで終わります。

答えは合っているけれど、3回解けば一度は間違うかもしれないような問題や、解き方が全然わからない問題にはチェックマークをつけ、同じ日に解き直します。

そして、2~3日後にそのチェックをいれた問題を解き直します。

これで合計3回解いたことになります。

そして後は、テストの2~3日前に解き直します。

 

注意したいのは学校の定期テストは
学校の先生が作成されるのだから、
学校での勉強(プリントやワ-ク)を疎かにしていると、
10~30点ほどの違いが出てくるという点です。
だから、テスト前には塾に学校のプリントや問題集を持ってきてもかまいません。
(普段、テストの点が平均点に満たない生徒の場合、
学校のプリントやワークブックを徹底的にやったほうが点数は上がると思います)

また実際に鉛筆を手に持って、
紙に数字や文字を直接書くことです。
目で見て暗記する方法もありますが、なるべく字を書くほうが効果的です。

暗記モノは覚えたと思っても1回で覚えきれるものではありません。覚えても忘れるので、覚えなおすように3~5回(別の日)スケジュ-ルを組むことが大切です。

でも、実際のところ、人によって勉強の仕方は違うと思います。
自分で考えて、自分の勉強法を早く見つけるのが、勉強だと思います。

ポイント

①    学校のプリントや問題集はテスト前に何度も解いておく

②    塾で解く各中学校の過去問を何度も解いておく

③    なるべく字を書いて覚える

④    暗記モノは1日では覚えられないので、最低3日(3回分)くらいの時間を確保すること


模擬試験について

私も中3になると数回受けましたが、
朝の早い時間から昼の3時から4時くらいまで時間をとられるので、
夏頃から12月くらいまでで2回~3回受ければ十分だと思います。

もし、定期テストの点数が平均点前後なら、
模擬テストを受けるより、家で基本事項を勉強したほうがいいと思います。
これは皮肉を云っているわけではありません。

問題は応用問題が多いので、
基礎が不十分なままだと力が発揮出来ずに
時間ばかりが過ぎていってしまうのです。
私は普段の学校のテストの6~8割程度しか得点できなかった記憶があります。

また、解き直しをするのはあまりお勧めできません。
先ほども書いたように、内容はとても難しいです。
中学3年生は、簡単な問題をどれだけ
取りこぼすことなく得点出来るかに重点を置いたほうがいいです。

模擬試験はあくまでも志望校の合格可能性を知るための一つの方法だと思います。

(個人的な意見です)

 

お気軽にお問い合わせください。 TEL 06-7897-3312 受付時間 16:00 - 22:30

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 暁塾 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.