1か月ほど前に塾に入った横堤中学校の生徒から
「点数が上がった」と報告を受けました。
今まで通っていた塾のやり方を聞くと
私の塾とはずいぶんやり方が違うので
最初は多少面喰ったかもしれませんが、
テスト前の勉強の仕方を変えるだけで
今まで苦手だった国語と英語の点数が上がりました。

実際のところ
暁塾が初めての塾の生徒よりも
ヨソの塾から暁塾に来た生徒のほうが、
私の塾が他の塾とは
ずいぶん勉強の仕方が違うことに気づくと思います。

ただ、初めての塾がわが暁塾でも
そうでない時にも
「こうしたほうがいいよ」といったときに
やり方を変えられない生徒は
なかなか点数が上がりません。

以前には
「今までこうしていたから」とか
「前の塾とやり方が違う」といって
やり方を変えようとしない生徒がいました。
若いのに固定観念で頭がいっぱいになっているのは
もったいないお化けが出てきてもおかしくありません。
カメレオンのように変化をしたほうが
いろいろな可能性が生まれてくると思います。

家庭教師や塾での経験から一つ言えることは、
平均的な成績前後の生徒に特に感じられることは
「素直であるかどうかが成績に大きな影響を及ぼす」ことです。

私がみんなによく言うのは
「普段から本を読むこと」
「消しゴムで間違った解答を消さないこと」
「間違えた問題にはチェックを入れて、
 テスト前におなじ問題を解き直すこと」
「テスト2週間前にはテスト勉強を始めること
(学校のワークは、自分で先にとりかかること)」

その時にいかにすぐに
「わかりました」と言って
自分のやり方を変えられかが
成績の上がる秘訣の一つだと思います。