成績のいい子となかなか成績の上がらない子の違いが
どこにあるのか、
私が今までの経験で感じるのは次の点です。

成績が上位の子は
「自分で考えてわからないのだったら
ひょっとして、みんなも出来ないんじゃないかな」と考えます。
それと反対にあまり成績の芳しくない子は
「自分は出来ないけれど、みんなは出来るんじゃないかな」と考えます。

この考えの違いはどこからくるから来るのかといえば、
普段、学校の授業や塾や家で
どのくらい集中して勉強しているかといった
子ども自身の努力によって築き上げられた自信からであったり、
反対に幼稚園や小学生の時に
親御さんから絶対解けないような難しい問題でも
いつまでも解かされるような(解くように言われている)
体験によってくるものが大きいようです。

勉強のできる生徒は
「家で勉強しなさい」と言われることはほとんどなくて、
苦手な生徒は
「家で勉強しなさい」と言われる傾向にあるとか、
学力が遺伝だと
一部の学生や世間では言われます。
その部分も関係はなきにしもあらずでしょうが、
自宅での環境づくりやモノの考え方が
大きく影響しているのではないか、と思っています。

そういった点からも、
暁塾では今後より一層
ご家庭と緊密なコミュニケーションをとり、
自宅学習で良いと思われる方法を
ご家族にもお伝えしていこうと考えております。