暁塾でエアコンの風が目に入るのを避けるため、
伊達眼鏡をしようという小学6年生の女の子がいたので、

どれどれといって
私はかけてみましたが、
その後に、女の子が
同じ眼鏡をかけようとしたときに、
フレームを拭いたのを私は見逃しませんでした。


その後に、この文章を見に来た同じ女の子は
拭いてないよといいながら
私の足を軽く踏んだのを
これまた私は
見逃しませんでした。