残念ながら暁塾はいつまで経っても
大きくならないのですが、
それが生徒たちには
良い影響を及ぼしているようです。

生徒たちは学校が休みの関係で、
エネルギーを持て余しているのか、
勉強が捗るのです。

たとえば、
新中学3年生のある生徒は
数学は1学期の中間テストの内容を
9割方終えました。
英語も、3年生の文法を
ほぼ済ませてしまいました。

他の新中学3年生も
数学は1学期の中間テストの内容は
春休み中には終わってしまうでしょう。

英語も、社会も理科も国語も
1学期の内容を少なく見積もっても
半分は終えてしまうでしょう。

新中学2年生、新中学1年生も
それぞれ、教科書や文法の
英語の例文を暗記してもらっています。

高校生も受験や内部進学に
必要なモノに特化してもらっています。

ムダな勉強を省くと、
時間に余裕が出来るので、
あとは生徒によって進めるスピードは違いますが、
例年と比較し、
生徒たちは1学期を幾分
余裕をもって乗り切れそうです。

今だから言えることですが、
先月、私は中耳炎から軽度の難聴になり、
前厄なのかなんなのかわかりませんが、
生まれて初めて体に変調をきたしました。
耳が悪くなると、鼻の調子も悪くなり、
声も風邪をひいるようになります。
加えて、もともと顔とアタマが悪いので
五重苦になったのです。

授業に影響を及ぼさなかったので、
その点はホッとしたものの、
迷信を信じない私であっても、
人生にはバイオリズムがあるのだなあと思いました。

そんなこともあり、
飲み過ぎると耳が詰まった感じになります。
こうなると、体にアラームをつけているようなもので、
結果的にお酒の量がかなり減りました。

人生100年時代だなんて
巷では言われていますが、
本であったり、人であったり、
これからの人生に使える時間について思いを巡らすと、
ショーもないことに時間は使えません。

同じ時間であっても
いつまでも、
手元に置いておきたい一冊に
時間を費やしたいし、
自分にとって良い影響を
与えてくれるような人と
付き合えるようにしたいと思っています。

これは塾の外のことだけではありません。
やはりそれなりに
一生懸命勉強している生徒からは
私も刺激を受けます。

そんな考えが根底にあるためか、
暁塾に来る生徒はお上品であって、
素直な生徒が多いように思います。
そこまで私をマネしなくていいのに?と
軽くボケをかましてみますが、
それもこれも
最近、中川家とサンドウィッチマン、
ブラックマヨネーズの
動画をよく見ているからでしょう。
「ナニ?さっきの小ボケは面白くないと?」
それは私が、
村上ショージのスベリ芸も好きだからでしょう。
お笑いは奥が深いですね。