新しい指導方法に変えて、

まだ時間が経っていませんが、
きっと例年以上の結果が
出せるような気がします。
もちろん、
もともと成績が悪いのならば、
それなりに努力しないと
成績は上がらないので、
努力することは前提条件です。
勉強が苦手な子は
肩もみがヘタクソな人のように
ポイントがズレています。
野球で言うと、デッドボール、
サッカーならばオウンゴール
ボクサーならば
自分で自分の顔に傷をつけるのです。
どうして、
こんなに頑張っているのに
結果が出ないんだろう、
とまた
デッドボール、
オウンゴール、
そして自分の顔を殴ってから
鏡で腫れあがった顔を見るのです。
ちなみに私は
ナチュラル残念な顔の
グループに属します。
今まで受験前、
つまり中学生だったら
3年生の2学期、
高校生だったら、
3年生の夏の前後に
照準を合わせていました。
基礎を重視して着実に
積み重ねる方法です。
今でもこのやり方は
悪くない方法だと思いますが、
さらに良い指導方法を
編み出しました。
私は中学生の時から
同級生に勉強を教えていたので、
かれこれ27、8年目にして
漸く辿り着いたのです。
本当に道筋が見えたという
手応えがあり、
それこそ秘伝の方法なので、
具体的な方法は
ここには書きませんし、
体験授業などでも
お伝え出来ません。
常々、良い方法があれば採り入れて
微調整を繰り返してやって来ましたが、
きっと決定版になります。
あとから入塾するには
結局、遠回りする分
余計に時間がかかるので
入塾するならホントに
今だと思います。
今、それぞれの生徒が、
「これだけ勉強した」
と言えるモノを実行中です。
あまり、面談に時間を割けないのと
私自身が人見知りなので
4月末日までの
新規募集人数を5名にします。
検討されている方は
お早めにお願いします。