「暁塾はどんな塾ですか?」と
御連絡をいただく場合がありますが、
「出来ればホームページをご覧いただいてから
また御連絡ください」
とお話しすることがあります。

一つ目の理由は、
電話で暁塾のアンナコト、コンナコトを
お伝えするには時間がかかるためです。

もう一つは、
ホームページをご覧になり、
私自身の価値観と指導方法を知ったうえで
お越しいただいたほうが話がスムーズに進むからです。

今までに、どんなことを書いているか読むと
塾での教え方もわかっていただけると思います。

そうして、親御さんが塾にお見えになると
お子様の学習状況などのお話をお聞きします。
一緒にお子様も来た場合、
簡単な問題を解いてもらいます。
可能であれば、テストの答案用紙を見せてもらいます。

それだけでも、地力がどれくらいあって、
どのくらい伸びるか推し量ることは出来ます。

けれども、なかには困った場合もあります。
「数あるうちのどの塾にしようか?」
と、子供を通わせるつもりはないけれど、
「とりあえず、話を聞いてみよう。
教えてもらえるならば、何でも聞いてやれ」と
根掘り葉掘りの達人が登場した時です。

「月謝がどのくらい安くなりますか?」
とバナナの叩き売りと勘違いしているお母さんもいます。

最近はバナナもそんなに安くありません。
余談ですが、
もやしも数年前までイオンで19円だったのが、
いまでは38円と倍になりました。

そういう方には、私は結構冷たいです。
顔が元々白いので、
ひょっとすると死んでいるように見えるかもしれません。


そっけない態度のワケは簡単で、
暁塾に入塾するかどうかわからないのに
今まで培ってきた指導内容を
簡単に渡すのもドウかな?と思うからです。
もやしのように、
モノ売り買いにはお金が発生しますが、
ココまでくるのに結構試行錯誤しているのです。
それなのに、頭の中にある知識を
タダで手に入れようとする人には困ってしまいます。
最近の若者言葉で言うと
『激オコぷんぷん丸』といったところでしょうか?
だから、入塾前の親御さんとは
あくまでも世間話に
ちょっと2、3本毛の生えた程度しかお話し出来ないかもしれません。

また、もともと勉強の不毛地帯であったのならば、
「髪の毛が生えてきた」
と喜ぶのかもしれませんが、
言葉のやり取りよりも
文を読んだほうが短時間で多くの情報が手に入るのだから
このホームページをご覧いただくほうが早いと思ってもいるからです。

お上品で成績がある一定のレベル、
もしくは本当に成績の上げたいと思っている子、
または素直な生徒に通って欲しいと私は思っています。

同じ年齢であっても
授業態度を含んだ価値観や
学習レベルは生徒それぞれ違います。
今の点数は兎も角、
もともと同じような考え方のお子様同士が
同じ空間で過ごすほうが、
生徒が互いに刺激しあって良いと思っています。

またどんな成績でも対応しています。
ワンパクでもヤンチャでも、大人しくてもいいのです。
ただ一点、素直な生徒であれば、
成績が上がりやすいです。

そして、勉強に関しては
親御さんよりも
学校の先生や塾のおっさんである
私の
言うことを聞いたほうが、
成績が上がることも多いのだから、
やっぱり素直さを求めます。

最近、そんなことを感じさせられることもあり
人格が疑われるかもしれませんが、
エラソーなことを書いてしまいました。

センセーと呼ばれていると
まったくロクな人間になりませんね。