中学3年生になってから
塾に入ってくる生徒も多いのですが、

一つ気になることがあります。

それはたいていの子が
主語と動詞についての理解があやふやなのです。


そのため、動詞にもbe動詞と一般動詞があって

どんな時にどういう使い方をするのか知らずに、
いままで、行き当たりばったりで
解答してきただろうという生徒が多いのです。

みんなの学校の成績などから想像するに、
中学3年生で主語と動詞について
きちんと理解している生徒は
一般的にどこの学校でもおよそ半数で、

多くても6割くらいだと思います。

「今まで通っている塾でも
英語を勉強しているけれど、よくわからない」
「小さい時から英会話を習っていたのに
テストのほうは全然振るわない」

英語のルールとも云える
文法の入り口を知らないので、
時間が経てば
英語が苦手になるのも仕方ありません。

ただ、主語と動詞がわかっていないということは
小学生の国語の授業で習っている筈の
主語や動詞の記憶をどこかに
置いてしまっているということなので、

英語に苦手意識を持っているということは
その実、国語が苦手だということにほかなりません。