大学受験の際に、気をつけることは
高校の試験と大学受験の関係性は
中学生時代の学校の試験と高校受験ほど
直接結びついていないことです。

もちろん、高校で成績が学年の上位であれば
推薦での合格も視野に入ってきます。
しかし、もし、通っている高校で
平均的な成績であるならば、
推薦での合格を目指すより、
大学入試は学力勝負の面が強くなります。

学校の成績よりも
純粋に学力が高いか高くないかが、
本番の試験での結果に直結するのです。

高校生は勉強だけでなくクラブやバイトもあり、
そのなかで時間をやり繰りしなければならないために、
一科目当たりの勉強時間は
意外なほどに少ない場合は珍しくありません。

受験に関係のない科目を
どこまで勉強するかといった戦略的な面も
暁塾では生徒にコソっと耳打ちしています。