今の生徒のみんなが大きくなる頃には
大きな会社で働くことを目指す人もいるものの、
ひとり一人、自分が社長となって働く(起業といいます)
個人の時代になるだろうといわれています。

それなら「学校の勉強は関係ないのでは?」
と思う人もいるかもしれません。
確かに、すぐには役には立たないかもしれません。

しかし、大人になると普段の生活に役に立ちます。
年をとればとるほど考え方、
それを『教養』と呼ぶ人もいますが、
モノの見方が似ている人たちが友だちや仲間になります。
そして知的レベルや価値観が同じであるかそうでないかは
話をすればわかってしまうものです。
(私があるというわけではなく一般的な話です)

大きくなればなるほど、色々なことを考える必要があります。
ずっと同じことを考えているワケにはいきません。
そんな時、話や問題のポイントがどこにあるか、
見抜けるようになっていることが大切です。

私自身、大人になってから発見したことですが、
人は皆、大人になってから急に賢くなったりするわけではありません。
四十にして惑わずと言いますが、
私なんか四十歳を目の間にしてまだまだ未熟者だと感じてしまいます。
本を読んだり、人と話をすることで、
ヒントを得られることがあるので、
その基礎体力をつける時期である子供時代を
ムダに過ごさないようにしましょう。