塾に入ったばかりのある生徒には
本を読んでもらうことがあります。
普通、塾といえば、問題を解いたり、
黒板の文字をノートに移したりするのが相場でしょうが、
結局のところ、漢字の読み書きがある程度出来ないと
いくら本人が頑張ってもテストの点数に反映されにくいものです。

大人が読むような本を読むことが出来る子どももいるし、
子供が読むような本しか読めない大人もいるそうですが、
新しいことを知る判断材料として
読書は今も昔も有効な手段だと思っています。