生徒の大部分は高校受験がひとつの目標です。
思考力を養うという意味で、
勉強はすべて出来たほうがいいですが、
高校受験に全く出てこない範囲も結構あるのです。

理屈でいうならば、
それぞれの志望校をめざす
ライバルたちが出来るレベルの問題と
そのちょっと上のレベルの問題が
出来るようになればいいのです。

そういったこともあり、
生徒のその時点での理解度と、
過去のデータから
この問題は出来たほうがいい、
この問題は出来なくていい、
いや、解く必要もないといったふうに
こちらで判断して教えています。