ラサール中学の生徒が夏休みの間だけ、
暁塾に来たことがあります。
ガリ勉タイプではなくスポーツマンの
彼は集中力があり、
勉強している時は
触れれば切れるような雰囲気でした。
私もすっかり舌を巻いてしまいました。
英会話は確か幼稚園くらいのときから
週1回40分ほど習っていたそうです。
発音は英会話の先生も
キレイだと褒めておられました。
英単語をたくさん知っているかというと、そうでもなく、
一般的な公立の中学1年生と
ほとんど変わらなかったのですが、
それも中学2、3年生になると
ドンドン増えていくのでしょう。
ラサール中学の宿題を見てみると
宿題がとても多いです。
どのくらい多いかというと、
大食い大会で
わんこそばを500杯食べなさいと
言われているような印象さえ受けました。しかも、授業中に
大学入試の問題も
配られている科目もありました。
英語も週2回は
ネイティブの先生の授業があると
聞きました。
基礎学力が高いので
やればやるほど伸びると
いうことなのでしょう
小学生の時から、
単語を強制的に
覚える必要はないのだと思いましたが、
それも教育熱心なお国の人によっては
違うようです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~
私も最近slakを使い始めました。最終的に保護者への御連絡はラインやslackに移行となると思います。近畿大学とN高等学校での導入事例

教育機関でも活用が始まるSlack

HTTPS://ASCII.JP/ELEM/000/001/842/1842767/?UTM_SOURCE=YAHOONEWS&UTM_MEDIUM=FEED&UTM_CAMPAIGN=1856576

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190510-00000025-ascii-sci

N高、ゼロ高のように

ネット教育も増えてきました

「GOOGLEと、褒めてくれる人がいれば、子どもは誰でも勉強ができるようになる」 スガタ・ミトラ

http://www.the-academic-times.com/2017/05/self-organized-learning-environment.html?m=1