普段から言っているので耳にタコでしょうが、
同じ志望校を受験する生徒は
同じくらいの学力です。
そうすると何が合否を分けるかというと
一つは本番の出来です。

他の受験生が出来ている問題が出来なければ
それだけで差がつきます。
よくありがちなケースとして
難しい問題を必死に解こうとするのは
受験には向かない方法です。

普段解ける問題が
ケアレスミスであっても減点は減点です。
難しい問題は労力がかかる割には
得点に結びつかなかないので、
ケアレスミスがないか確認するほうが
点数は高くなります。

もう一つ合否を決めるのは
中学校の先生との三者懇談です。
その時に、学校の先生の言うことを聞かずに
無理に受験する生徒は私立高校に落ちることになります。
一般的に言うと、少子高齢化のこのご時世、
私立高校は生徒をたくさん受け入れたいのですから
不合格になるということは
内申点がもともと足りなかった、
受験する実力がまだ備わっていなかったということになります。

学校の先生が暗に受験しないように言っている場合が多いので、
そのあたりも気をつけたいところですが、

今のところ暁塾で私立高校に落ちた子はいません。