最近、

「偏差値がトップクラスの高校へ行きたい」と、

突然口にした生徒がいました。

その彼に

「そのままではとてもじゃないけれど合格は難しい」と言いました。

「今の勉強に取り組む姿勢と成績では

とてもじゃないけれど受からない」とも言いました。

今まで何度お尻に鞭を打っても、

そのお尻の皮は余程分厚いのかサッパリだったのです。

「その志望校を受験するライバルと比べれば3周遅れで

そこの高校よりも偏差値の低い高校を受験する生徒にも

学習内容で追い抜かされているから、

この調子なら、むしろ志望校をだいぶ下げたほうがいいよ」

とさえ言いました。

私は普段あまり、ズバズバ言わないタイプですが、

ホントのこととはいえ、

そこまで言わないと伝わらないと思いました。

本人も、そんなにヒドイ状態にあるというのを

ピンときていなかったのでしょう。
そしてようやく、このままでは本当に

志望校はダメなんだとわかったようで

勉強に取り組む姿勢が変わったようです。
勉強するツボを知っている彼なので、

変身後の勉強を続けられるようであれば

志望校受験のボーダーに入ってくるところになります。

あとは時間との勝負になります。