「やる気があれば何でも出来る」という人がいるように
やる気がない人に
モノを教えるというのは難しいです。

だから、やる気を出させるようにするのが
私の仕事かな?と思うこともありますが、
毎年、ビックリさせられることがあります。

中学3年生のなかには、
それまでとは別人のように
勉強するようになり、
しかも、出来る男になっていく生徒がいるのです。

その過程を見ているこちらは
あまりの変わりように驚かされるのですが、
今年もお尻に火がついた生徒がいます。

「アイツ全然勉強していないやん」
今まで、言っている本人は決して勉強熱心ではなかったのに
言動までもが変わってくるのです。
それを見ていると
いつまでも挑戦する気持ちを持ち続けないといけないと
教える私が教えてもらった気持ちになります。