今日は生徒数人に

作文を書いてもらいました。

 

彼らが書いている姿を見ていると

私は小学校時代、作文の授業で

いつも頭がヘトヘトになっていたことを

思い出しました。

 

作文を書くときは

自分でどのように筆を進めようか

考えるので、

集中しないといけません。

最初は何文字書けるか、に

気がいくかもしれませんが、

次第に今度は上手く書いてやろう、と

なるでしょう。

そうなればシメタものです。

 

意識すれば

次第に論理的に書くことも

出来るようになる筈です。

 

問題を解いても成績が上がらないのは

どこがポイントかわからないからです。

わからない問題が

解けるようになるためには、

多かれ少なかれ、

その問題を読み返したり、

学校の先生や私の解説を聞いて

そのポイントを掴むための土壌が

必要です。

 

文章を書くポイントが掴めれば、

文章を読む力はつくようになります。

今の子供たちに不足しがちな

書く力と読む力を

身につけてもらいたいと思っています。