本を読むのは手っ取り早い成績の上げ方ですが、
さて、どの本を読むかとなると
児童文学全集を読むのがいいとは限りません。

子供も、人それぞれで好きなモノ、
キライなモノがあります。
例えば、中学生の女の子で
今までに本をほとんど読んだことがないのであれば
その入り口はファッション雑誌であったり、
芸能人の雑誌でも構いません。
その子の関心のある分野でいいと思います。

そのなかに、必ず文章が書かれているページがあります。
それは恋愛相談や最先端のファッションや音楽事情であったり
雑誌によって違うでしょうが、
必ず子供が活字を見る部分があるのです。
最初は読むのではなく、見るといったところかもしれません。

その子がどれくらい、
関心のある分野にのめり込むかによりますが、
色々なことを知りたいと思って
写真を見ているだけでは飽き足りなくなって
情報に飢えるので、次第に活字に目が向くようになります。
そうなると、漢字や文章も苦でなくなるのです。

通信講座で、届けられる問題集が
家で積ん読になってしまうよりも、
毎週、一緒に本屋へ行って
子供の好きな本を買ってあげるほうが実際的で
成績が上がるようになると思います。