親御さんが子供を連れて塾に話を聞きに来られることがあります。
その時、私はテストの答案用紙を持ってきてもらいます。
そして、子供や親御さんに会ってお話しをすれば、
「この子はこのままだったら〇〇高校に進学する、
しかし、教えれば〇〇高校には行けるようになる学力を身につけられるだろう」
といったようなことはある程度推測できます。
(どちらの学校や塾の先生でも同じだと思いますが)

もう一つは、ポイントをいくつかチェックします。
これは、どこで躓いているか確認するもので、
患者さんに聴診器を当てているお医者さんのようなものです。

あと申し訳ないのですが、
ご本人に自覚がなくとも、
もともと試食だけしようという方が
一定数いるということもわかってきたので、
私の経験や知識をもとにして
お話していた詳しい内容については
入塾してからお伝えすることに変えています。

あまりレベルの低い生徒には
来てほしくないと思っているので、
ある種制限をかけるようにしたいと思います。
それは学力のことではありません。

いい加減な人が少しでもいると
教える私が大変で
本来の授業とは関係のないことに
時間を奪われることになるからです。

ですので、昔から暁塾はお上品な生徒が多く、
私が一番下品ということになっています。