6月は中学3年生は大変です。
テストが多いからです。

定期テストで80点以上の生徒は
3つのテストには全力を注がなくてはいけません。
そうでない場合は、
まだ基礎学力が足りていないので、
先ずは期末テストの点数アップをめざしましょう。

これは実力テストとチャレンジテストを疎かにするという意味ではありません。
定期テストと違って、
今まで習った全ての範囲がテスト範囲ということならば
先ずはテスト範囲が決まっている
期末テストの点数を上げるくらいでないと
他のテストの点数が上がることは難しいからです。

焦りは禁物です。
もし期末テストの点数が良くなれば、
夏休み前からスパートをかけることも出来ます。
反対に期末テストがよくなければ、
一学期の復習をしなければいけません。
そうなると、時間のムダになってしまいます。
なるべくポイントを絞って、
この範囲は確実に得点できるという
分野や科目をつくることです。

高校入試に影響するといっても、
根本的に点数が上がるのならば、
一学期の点数は関係ないと考えることも出来ます。
そういった風に考えると
今、学校で習っている内容を出来るだけ
確実に出来るようにすることが
一番大切です。
「1、2年サボっていたな」という子もいるでしょうが、
イロイロと手を出すよりも、
期末テストに集中すると
却って成績が上がっていきます。

一点気を付ける部分は
学校の先生からテスト直前にもらった
プリントは何度も解かないといけないということです。

小さい塾だから言うのでありませんが、
アノ塾やコノ塾で勉強するから
成績が上がるというワケではありません。

私もアンポンタンではないと
誰も言ってくれないので自分に言い聞かせていますが、
学校の先生は賢いのだから
言うことは素直に聞くべきです。


一日の生活の大半を占める学校で

どのように過ごすかが一番大切です。

学校の授業を集中して受けて、塾でも勉強して、
家で自分でいつも勉強すれば
最終的には自分でどれだけ一生懸命
勉強に取り組むことが大切かわかる筈です。

モノの考え方がいい加減だと
それだけ勉強もいい加減になるに決まっています。

学校の勉強は、
社会に出れば関係ないという声もあるでしょうが、
中学くらいまでの勉強がある程度出来なければ、
大人になって、誰が子供時代に不熱心な生徒だった人の
言うことを聞くでしょうか?
といってエラソーな私ですがお許しください。