中学一年生は初めてのテストになりますが、
最初はわりと簡単です。
けれども、2学期になれば、
急に難しくなったと感じるようになると思います。

それと同時に
1学期の最初に点数がそれほど良くなくとも
1年の2学期以降、いや2年生、3年生になってから
点数があがっていく生徒も多いです。

今の時期で気をつけることは
多少の点数の良しあしはあったとしても
小学生の時に漢字の読み書きがきっちり出来ているか、
算数の計算が出来ているかにあります。
その部分が今の段階で出来ていたり、
中学一年生の間に出来るようになると
クラス内の順位は上がっていきます。

あと何年も塾をしていて
気が付いたことですが、
時間や連絡事項や挨拶にきっちりしている生徒のほうが、
その時の点数が芳しくなくてものちのち点数は上がります。

体に成長期があるように
勉強にも、きっと成長期があるのでしょう。
だから、漢字と計算がきちんとできていて
普段から本を読むような習慣があれば
自ずと点数が上がっていくと思っています。

自分なりの勉強の仕方をいち早く身につけてもらうように
教えていくことが、この時期の私が心がけていることです。