「塾の先生を尊敬しろ」なんて云いませんが
「それはモノを教えてもらう口の利き方、態度なのか?」

暁塾の歴史を振り返ると、そう感じたことがあります。

こんな時、しばらく様子をみて
状況が変わらないようであれば退塾していただきます。

たとえ、ある面では非常にいい子であったとしても
一人の生徒の存在が
他の生徒の勉強の邪魔になってしまうこともあるのです。

ごく稀なケースですが
このルールは今までも
そしてこれからも変わることがありません。

暁塾は誰も生徒がいない開校当初の状況から
一人、また一人と生徒がやって来て
小さいながらも、ここ鶴見区で指導させていただいている塾です。

塾を始めて間もない時から
ずっと来てくれている生徒もいますし、
お子様全員の勉強を
暁塾に任せていただいているような親御さんもおられます。

私はその信頼を裏切ったり、
今頑張って通っている生徒たちの努力の
邪魔をしたくありません。

どんな組織であっても
ある一定の基準を設けなければいけないし、
その基準を高めなければ
遅かれ早かれ全体のレベルが下がってしまいます。

情がないと思われるかもしれませんが、
私個人としては
泣いて馬謖を切ることは
組織のリーダーとして
仕方がないことだと考えています。