苦手な部分を
生徒自身が把握できていれば
勉強して結果が出やすいですが、
点数のあまりよくない科目の場合、
一体どこが原因で
成績が低迷しているのか
生徒本人にはわからないことが多いです。

やみくもに勉強すれば
穴がある部分も出てきます。
また目標が見えないと
なかなか達成感も湧いてこないと思います。

そこで、今日は受験生を中心に
生徒一人ひとりと話し合って
学習計画を立てました。

教える立場の私からすれば、
この子は、志望校の7合目にいるから
あと、これをすればいいというのがわかりますので
「どの科目を優先的に勉強するのか」
「どういった問題を何回解くのか」
具体的にアドバイスして
紙に書きだしてもらいました。

夏休みの間、この学習ポイント表を
机に置いて、意識を高めることで
合格が身近なものとなるでしょう。