中学生は一年生の1学期のテストの
点数が一番良く、そのあとは徐々に
点数が下がる生徒がほとんどです。

だから小学生の時のように
90点や100点を取るのは難しいです。

けれども、ずっと高得点を維持したり、
テストの内容と反比例して
次第に成績が上がる生徒もいます。

なかには例外もありますが、
点数をみなくとも
どれくらいのレベルにあるかわかります。

勉強中の姿勢がいいか、
間違えたら、赤で直さずに
どこが間違えたか確認しないうちに
消しゴムを使いださないか、
遅刻をしないか、
時間に遅れそうなら連絡はあるか、
塾からのおたよりを
お母さんに渡しているか、
言葉遣いや語彙は豊富か、
そんなところに
すべて表れているような気がします。