今までの暁塾を振り返ると、
子どもの成績を見て一喜一憂する
ジェットコースターのお母さんのなかには

「アレしてください。コレしてください」と
毎回の授業の問題まで指定なさるお母さんもおられて
なんだか私が千本ノックを受けているのかなと思うことがありました。

また時間にルーズな子は
大体成績が芳しくありません。
また良かったとしても、私からすると
もうひと伸び出来るのになあ、
生活態度が邪魔しているなあと感じることがあります。

時間にいい加減でいいことはないと思いますが、
私が今までに言われてビックリしたことの一つは

「ウチの子はクラブは時間通りに行くのに、
塾の時間になっても家に居るんです」
と私の顔を恨めしそうにご覧になったことです。
顔には全く自信がない私にとって、

そんなにも長い時間直視されることもなかなかないので
これはこれで得難い経験でしたが、
遅刻をしないのは当たり前で、
遅刻をして親が注意するのも当たり前ですが、
その矛先を塾に持ってきたり、
一生懸命でない生徒を見る積りはありません。

私は真面目に勉強する子だけが集まればいいと思っています。
やはり真面目な子からは
年齢に関係なく、私も何か吸収できるものがあると思うのです。
成績がそれほど悪くなくても、
勉強意欲がさほどなかったり、
私に対する態度が悪ければ

辞めてもらうようにしています。

将棋の世界では
「空気が濁る」という言い方があります。
やる気のない人間がいたら、
そのやる気のなさが伝染するということです。

私は「この子には成績が上がって欲しい」という生徒にしか
勉強を教えたくないと思っています。

いい年して、
勉強の意欲がない生徒やその親御さんの機嫌をとることは出来ません。

そのためか、
今は結構成績のいい子が居るようになっているし、

全体的にお行儀がいい子が多いようです。